海外古典ミステリと語学を、のんびり楽しむカフェへようこそ。

英単語

ミステリー・推理 英語の学習

ミステリ調の英文を通じて学べる『ミステリ仕掛けの英単語』

2021/11/20

2021年3月に出版されました。イラストも豊富で、音声も配信されているので、ちょっとミステリアスな物語を楽しみながら英単語を覚えられます。

ネットラジオ録音 X の画面(その4)

英語の学習

ネットラジオ録音 X2 で音楽鑑賞や外国語の学習を快適に

2021/11/20

以前、私の別のブログ記事でご紹介したように、私はNHK-FMのクラシックカフェという音楽を鑑賞するのを楽しみにしています。 毎日リアルタイムで聴けるわけではないので録音、、、ただし、放送波の受信環境が ...

SNSが表示されたスマートフォン

英語の学習

テキストを使わないNHK英語番組「太田光のつぶやき英語」&「ニュースで英語術」

2021/11/6

皆さん、4月を迎えたときに、 ゆーじあむよし! 今年度こそは英語を頑張ろう! と奮起して、初心に返ってNHKの英語番組のテキストを購入したことはございませんか? そして、自分のレベルに合った英語番組の ...

可愛いラジオ

英語の学習

朝ドラを見ながら英語力もみがく「ラジオで! カムカムエヴリバディ」

2021/11/26

2021年11月より放送スタートの、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。3人のヒロインが、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリー・ヒストリーですが、そんな朝ドラと連動したラジオ英語講座も新たにスタート。その講座を紹介。

英語のリスニング

英語の学習

『ボキャブライダー』をフル活用して「英単語の波をのりこなせ」

2021/11/20

今年度も、私はNHKの英語講座「NHKラジオ 遠山顕の英会話楽習」と「太田光のつぶやき英語/ニュースで英語術」で英語の学習を継続しています。 それに加えて、 ボキャブライダー で英単語の勉強をしていま ...

もっと見る

アルファベットのグミのフリー画像(写真)

シャーロック・ホームズ フランス語の学習 英語の学習

シャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンで外国語の学習

2021/11/20

以前、当サイトで記したことがありますが、私が大学時代にフランス語を第二外国語として専攻したのは、アルセーヌ・ルパンの作品をフランス語で読みたかったからでした。 自分の趣味は、外国語を学ぶ強力な動機とな ...

黒猫

フランス語の学習

フランス語を身につけるのに最適な教材:『金色の眼の猫』

2021/11/20

私は大学生の時に、第二外国語としてフランス語を学びました。 ここでは、その時に大変お世話になった教材をご紹介します。 フランス語を学びたいと思ったのはアルセーヌ・ルパンの影響 以前の記事にて、私が中学 ...

もっと見る

ウイルス

シャーロック・ホームズ ミステリー・推理

コロナ禍の今をミステリーで解き明かす『伝染(うつ)る恐怖 感染ミステリー傑作選』

2021/11/27

2019年の終わり頃に、その発生が初めて確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。 致死率も高いその感染症はパンデミック(世界的大流行)に至り、2021年になっても新たな変異株「オミクロ ...

刑務所の独房

クイーンの定員 シャーロック・ホームズ

定員No. 38:世界に先駆けた【完全版】全集で全貌が明らかに;『思考機械』

2021/11/20

いわゆる「シャーロック・ホームズのライヴァル(ライバル)たち」の代表選手として、隅の老人を以前ご紹介しました。 その『隅の老人(完全版)』(作品社)の翻訳・解説をなされた平山雄一さんが、2019年に同 ...

イギリスのロンドン・ウェストミンスター

シャーロック・ホームズ

ミステリマニア必携の書:『〈ホームズ〉から〈シャーロック〉へ』

2021/7/5

2020年の始めに、ミステリマニアの心をくすぐる書籍が出版されました。 副題に「偶像を作り出した人々の物語」とある本書をご紹介します。 祝:第43回 日本シャーロック・ホームズ大賞受賞! こちら↓の作 ...

雄鶏

シャーロック・ホームズ

怪盗VS名探偵——「ルパン対ホームズ」ものの最古のパスティーシュ戯曲が販売中

2021/11/20

「怪盗対名探偵」を描いた作品といえば、古今東西、胸を躍らせるものがあります。 その元祖と言ってもいい、「アルセーヌ・ルパン対シャーロック・ホームズ」ものについては、ルパンの生みの親であるフランスの作家 ...

シャーロック・ホームズ、拡大鏡、指紋

シャーロック・ホームズ

科学で名探偵を紐解く『科学探偵 シャーロック・ホームズ』

2021/7/5

ホームズ物語といえば、犯罪捜査に科学を取り入れているところも読みどころの一つです。 現在では当たり前の科学捜査ですが、19世紀当時、シャーロック・ホームズは(あるいは、コナン・ドイルは)どのように科学 ...

もっと見る

反転 質問 マーク

クイーンの定員

定員No. 52:倒叙ミステリの元祖『歌う骨』

2021/11/20

以前の記事で、国書刊行会の『ソーンダイク博士短篇全集:第1巻 歌う骨』に収録されている作品の前半部分に収録されている短編集(クイーンの定員No. 42『ジョン・ソーンダイクの事件記録』)をご紹介しまし ...

アラビアンナイト

クイーンの定員

定員No. 11:『宝島』の著者が紡ぎ出す怪奇で波瀾万丈な奇譚;『新アラビア夜話』

2021/11/20

実は2巻本。第1巻は、光文社古典新訳文庫で読め、19世紀ロンドン版の「アラビアンナイト」が楽しめます。
独立した中短編4編を収めた第2巻は、論創社『眺海の館』に収載。表題作は「砂丘の冒険」という題でKindleでも読めます。

ポーカー

クイーンの定員

定員No. 79:いかさま師のトリックを暴いていくユーモラスな短編集;『悪党どものお楽しみ』

2021/7/5

このカテゴリーの最初の記事に参考図書として挙げている『世界ミステリ作家事典[本格派篇]』(国書刊行会)。 その最後から2番目に取り上げられた劇作家パーシヴァル・ワイルドの諸作は、この本が刊行された19 ...

おじいさんの時計

クイーンの定員

定員No. 69:アバンチュールに胸をときめかせた『八点鐘』

2021/11/20

「クイーンの定員」カテゴリーの第2回目は、モーリス・ルブラン『八点鐘』を取り上げます。 このカテゴリーの目的については、こちらの記事をご参照ください。 ルブランと言えばアルセーヌ・ルパンの生みの親で有 ...

Sherlock Holmes

クイーンの定員 シャーロック・ホームズ

定員No. 16:どの翻訳で読まれますか? 『シャーロック・ホームズの冒険』

2021/11/20

今回の記事は、「クイーンの定員」に選ばれた短編集の中で最も有名な、と言っても過言ではない、アーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズの冒険』を取り上げます。 ご存じ、[ホームズ物語]の最初の短 ...

もっと見る