海外古典ミステリと語学を、のんびり楽しむカフェへようこそ。

探偵のイラスト(外国人)

シャーロック・ホームズ 英語の学習

1日5分!ホームズ物語で「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」

2022/5/19

毎月20本のストーリーを1日5分、比較的やさしい英語で届けているNHKのラジオ英語講座「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」。2022年度の毎週金曜はシャーロック・ホームズ物語が取り上げられます。物語を楽しみながら英語の感覚を養う秘訣を紹介。

タブレットでレシピを見る人

英語の学習

英文法の定番レシピ「7つ」を1年で学ぼう ー 「大西泰斗の英会話☆定番レシピ」

2022/5/19

2021年10月よりNHK Eテレで放送されている10分番組「大西泰斗の英会話☆定番レシピ」。
放送自体はコンパクトながら、「会話のレシピ」を理解し、増やしていくことで、英会話は気軽なものとなり、確かな英語力が身につけられるでしょう。

ラジオのニュースを番組を真面目な顔で聞いている女性

英語の学習

テキストはネット上に無料で掲載;「ニュースで学ぶ『現代英語』」

2022/4/29

ニュースで学ぶ「現代英語」:今年度から始まったNHKラジオ講座ですが、これまでの「高校生からはじめる『現代英語』」と「ニュースで英語術」を〈いいとこ取り〉したパワフルな講座。テキストはインターネット上に無料掲載されており、放送も聴き逃し配信あり。

SNSが表示されたスマートフォン

英語の学習

テキストを使わないNHK英語番組「太田光のつぶやき英語」&「ニュースで英語術」

2022/4/27

皆さん、4月を迎えたときに、 ゆーじあむよし! 今年度こそは英語を頑張ろう! と奮起して、初心に返ってNHKの英語番組のテキストを購入したことはございませんか?そして、自分のレベルに合った英語番組のテ ...

英語のリスニング

英語の学習

『ボキャブライダー』をフル活用して「英単語の波をのりこなせ」

2022/4/19

2022年度も、私はNHKの英語講座「大西泰斗の英会話☆定番レシピ」、「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」、「太田光のつぶやき英語」、「ニュースで学ぶ『現代英語』」、「遠山顕のいつでも!英会話入門 ...

もっと見る

黒猫

フランス語の学習

フランス語を身につけるのに最適な教材:『金色の眼の猫』

2021/11/20

私は大学生の時に、第二外国語としてフランス語を学びました。 ここでは、その時に大変お世話になった教材をご紹介します。 フランス語を学びたいと思ったのはアルセーヌ・ルパンの影響 以前の記事にて、私が中学 ...

アルファベットのグミのフリー画像(写真)

シャーロック・ホームズ フランス語の学習 英語の学習

シャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンで外国語の学習

2021/11/20

以前、当サイトで記したことがありますが、私が大学時代にフランス語を第二外国語として専攻したのは、アルセーヌ・ルパンの作品をフランス語で読みたかったからでした。 自分の趣味は、外国語を学ぶ強力な動機とな ...

もっと見る

探偵のイラスト(外国人)

シャーロック・ホームズ 英語の学習

1日5分!ホームズ物語で「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」

2022/5/19

毎月20本のストーリーを1日5分、比較的やさしい英語で届けているNHKのラジオ英語講座「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」。2022年度の毎週金曜はシャーロック・ホームズ物語が取り上げられます。物語を楽しみながら英語の感覚を養う秘訣を紹介。

刑務所の独房

クイーンの定員 シャーロック・ホームズ

定員No. 38:世界に先駆けた【完全版】全集で全貌が明らかに;『思考機械』

2022/2/12

いわゆる「シャーロック・ホームズのライヴァル(ライバル)たち」の代表選手として、隅の老人を以前ご紹介しました。 その『隅の老人(完全版)』(作品社)の翻訳・解説をなされた平山雄一さんが、2019年に同 ...

クリスマスと本

シャーロック・ホームズ ミステリー・推理

真冬にはミステリー、クリスマスにはクリスティーを

2022/2/12

2021年11月に、クリスマスを舞台にしたミステリ傑作選が2冊刊行されました。1つは国内外のミステリー13編を収めた文庫本。もう1つはミステリの女王アガサ・クリスティーの作品を収録した豪華函入り本。この記事では、探偵に注目しながらそれらを紹介。

Sherlock Holmes

クイーンの定員 シャーロック・ホームズ

定員No. 16:どの翻訳で読まれますか? 『シャーロック・ホームズの冒険』

2021/12/23

今回の記事は、「クイーンの定員」に選ばれた短編集の中で最も有名な、と言っても過言ではない、アーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズの冒険』を取り上げます。 ご存じ、[ホームズ物語]の最初の短 ...

ウイルス

シャーロック・ホームズ ミステリー・推理

コロナ禍の今をミステリーで解き明かす『伝染(うつ)る恐怖 感染ミステリー傑作選』

2021/11/27

2019年の終わり頃に、その発生が初めて確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。 致死率も高いその感染症はパンデミック(世界的大流行)に至り、2021年になっても新たな変異株「オミクロ ...

もっと見る

アラビアンナイト

クイーンの定員

定員No. 11:『宝島』の著者が紡ぎ出す怪奇で波瀾万丈な奇譚;『新アラビア夜話』

2022/4/27

実は2巻本。第1巻は、光文社古典新訳文庫で読め、19世紀ロンドン版の「アラビアンナイト」が楽しめます。
独立した中短編4編を収めた第2巻は、論創社『眺海の館』に収載。2022年に光文社古典新訳文庫からも『臨海楼綺譚』が刊行されました。

エドガー・アラン・ポー

クイーンの定員

定員No. 1:「探偵小説の父」が紡ぐ12の『物語』とミステリー

2022/3/20

今回の記事は、本格ミステリの生みの親であり、「探偵小説の父」、「推理小説の父」とも呼ばれるエドガー・アラン・ポーの短編集を取り上げます。(なお、「探偵小説の母」については、こちらの記事をご参照ください ...

ヴィクトリア朝の自転車

クイーンの定員

定員No. 30:飄々とした「快」盗紳士『ロムニー・プリングルの冒険』

2022/3/3

ソーンダイク博士の生みの親であるフリーマンは、博士を生み出す前に医者仲間と合作して、ロムニー・プリングルという怪盗紳士、コン・マンが主人公の明朗快活な小説を記しました。2021年、その怪盗譚全編が完全収録された書籍が個人出版されたのでご紹介。

Poirot

クイーンの定員

定員No. 71:「小さな灰色の脳細胞」が大活躍する『ポアロ登場』

2022/3/3

「クイーンの定員」カテゴリー第3回目は「小さな灰色の脳細胞」の持ち主、名探偵ポワロの登場。アガサ・クリスティーです。 このカテゴリーの目的については、こちらの記事をご参照ください。 作品の詳細データ ...

英国貴族の邸宅

クイーンの定員

定員No. 76:貴族探偵の優美な活躍『ピーター卿の遺体検分記』

2022/2/12

『ピーター卿の遺体検分記』は、もう一人の〈ミステリの女王〉とも呼ばれるドロシー・L・セイヤーズの生み出した貴族探偵、ピーター・ウィムジー(ウィムジイ)卿が活躍する第1短編集。論創海外ミステリで新訳で読めます。いくつかの短編は電子書籍でも読書可。

もっと見る