英単語

英語の学習

2021/7/21

ミステリ調の英文を通じて学べる『ミステリ仕掛けの英単語』

2021年3月に出版されました。イラストも豊富で、音声も配信されているので、ちょっとミステリアスな物語を楽しみながら英単語を覚えられます。

ReadMore

ツタの葉

クイーンの定員

2021/7/6

定員No. 40:「最後のひと葉」のオー・ヘンリーが描く『お人好しの詐欺師』

「賢者の贈り物」The Gift of the Magi、「警官と賛美歌」The Cop and the Anthem、「最後のひと葉」The Last Leaf、——アメリカの小説家であり、アメリカ文学史上で屈指の短編の名手と言われるオー・ヘンリー(O・ヘンリー)の諸作を、幼いときに読まれた方も多いのではないのでしょうか。 そんなオー・ヘンリーの短編集のうち、詐欺師ジェフ・ピーターズの活躍する短編集が「クイーンの定員」に選ばれています。 作品の一部は邦訳されているので、この記事ではそれらをご紹介するとと ...

ReadMore

鍵

シャーロック・ホームズ

2021/7/5

電子版が購入できるRe-ClaM Vol.6:シャーロック・ホームズのライヴァルたちの帰還

Re-ClaMは、海外クラシックミステリをもっと身近に、かつもっとディープに楽しむための評論同人誌ですが、その第6号は「シャーロック・ホームズのライヴァルたち」を特集しています。 好評につき物理版(紙版)は売り切れのようですが、PDF(電子版)は購入できます。 この記事では、Re-ClaM Vol. 6を簡単にご紹介し、その電子版の購入方法をご説明します。 Re-ClaM第6号の特集:シャーロック・ホームズのライヴァルたちの帰還 Re-ClaM=Rediscovery of Classic Mystery ...

ReadMore

ブルドッグ

クイーンの定員 シャーロック・ホームズ

2021/7/5

定員No. 22:元舞台俳優は変装の名人『女探偵ドーカス・デーン』

以前の記事で、小説上の最初の女性職業探偵についてご紹介しました。 以前のこの記事では、<Sherlock Holmes Magazine>の第3号(Winter 2020/21)に掲載された"Female Detectives of Victorian London"という記事についても少しだけ触れましたが、シャーロック・ホームズ物語が好評を博してからはフィクションの女性探偵も多く登場したとのこと。 そんな中で、エラリー・クイーンが「イギリス最高の女性職業探偵」と評した探偵、ドーカス・デーンの ...

ReadMore

反転 質問 マーク

クイーンの定員

2021/7/5

定員No. 52:倒叙ミステリの元祖『歌う骨』

以前の記事で、国書刊行会の『ソーンダイク博士短篇全集:第1巻 歌う骨』に収録されている作品の前半部分に収録されている短編集(クイーンの定員No. 42『ジョン・ソーンダイクの事件記録』)をご紹介しました。 今回はその後半部分に収録されている短編集『歌う骨』をご紹介します。 こちらもクイーンの定員に選ばれているのですが、それは倒叙推理小説、すなわち探偵小説が逆に語られた初めての作品集だからです。 作品の詳細データ クイーンの定員No. 52 The Singing Bone 『歌う骨』R・オースティン・フリ ...

ReadMore

ウイルス

シャーロック・ホームズ 特別投稿

2021/7/5

コロナ禍の今をミステリーで解き明かす『伝染(うつ)る恐怖 感染ミステリー傑作選』

2019年の終わり頃に、その発生が初めて確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。 致死率も高いその感染症はパンデミック(世界的大流行)に至り、2021年になっても終息する兆しは見られず、私たちの生活に多大な影響を及ぼしています。 人類の歴史は感染症との闘いの歴史だと、よく言われます。 古来より、人類は何度となく感染症の脅威に直面してきました。 ミステリーの世界でも、始祖であるエドガー・アラン・ポオの時代から、感染症は常に馴染み深いものとして、身近に存在しています。 この記事では、古今東西の ...

ReadMore

海外古典ミステリを、のんびり楽しむカフェへようこそ。